SSブログ

新しい命

ここ数週間はカワセミの巣ごもり期間と思われ、カワセミを見かけることが少なくなっていました
今朝の散歩で巣立ちから間もないと思われる2羽の幼鳥と出会いました
また、3月下旬のカルガモの親子連れ以来あいだが空いていましたが、新しい親子にも出会いました
今週もこの1週間で撮りためた写真をご紹介します
枚数が多くなってしまいましたので、サラっと流してください

巣立ち後 間もないと思われるカワセミ兄弟
01_カワセミ科カワセミ属カワセミZA_2024.05.24.JPG
02_カワセミ科カワセミ属カワセミZB_2024.05.24.JPG

カルガモ親子は7羽のヒナを連れた親子と3羽連れに出会いました
03_カモ科マガモ属カルガモ親子ZA.2024.05.22.JPG
04_カモ科マガモ属カルガモ親子ZB.2024.05.21.JPG

ここからは出会った花を取り上げます。タチアオイ(アオイ科タチアオイ属)
05_アオイ科タチアオイ属タチアオイZA.2024.05.23.JPG

八重咲ガクアジサイ(アジサイ科アジサイ属) ・・・ 有毒植物
06_アジサイ科アジサイ属八重咲ガクアジサイ毒ZA.2024.05.21.JPG

ヤマアジサイ(アジサイ科アジサイ属)
07_アジサイ科アジサイ属ヤマアジサイZA.2024.05.23.JPG

ニワゼキショウ(アヤメ科ニワゼキショウ属)
08_アヤメ科ニワゼキショウ属ニワゼキショウJA_2024.05.21.JPG

ヘラオオバコ(オオバコ科オオバコ属)
09_オオバコ科オオバコ属ヘラオオバコTMK_2024.05.19.JPG

キンシバイ(オトギリソウ科オトギリソウ属)
10_オトギリソウ科オトギリソウ属キンシバイZA.2024.05.21.JPG

ビヨウヤナギ(オトギリソウ科オトギリソウ属)
11_オトギリソウ科オトギリソウ属ビヨウヤナギZA.2024.05.21.JPG

ヒメジョオン(キク科ムカシヨモギ属)
12_キク科ムカシヨモギ属ヒメジョオンNA.2024.05.23.JPG

ヤマタツナミソウ(シソ科タツナミソウ属)
13_シソ科タツナミソウ属ヤマタツナミソウJA_2024.05.21.JPG

ニオイウツギ(スイカズラ科タニウツギ属)
14_スイカズラ科タニウツギ属ニオイウツギJA_2024.05.21.JPG

センダン(センダン科センダン属) ・・・ 有毒植物
15_センダン科センダン属センダン毒ZA.2024.05.23.JPG

ワルナスビ(ナス科ナス属) ・・・ 有毒植物
16_ナス科ナス属ワルナスビ毒TMK_2024.05.19.JPG

シモツケ(バラ科シモツケ属)
17_バラ科シモツケ属シモツケZA_2024.05.22.JPG

ユキノシタ(ユキノシタ科ユキノシタ属)
18_ユキノシタ科ユキノシタ属ユキノシタTMK_2024.05.19.JPG

今日の最後はラン科の花を2種、サイハイラン(サイハイラン属) と
19_ラン科サイハイラン属サイハイランJA_2024.05.21.JPG
セッコク(セッコク属) ・・・ 有毒植物
20_ラン科セッコク属セッコク毒JA_2024.05.21.JPG

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました
m(_ _)m

nice!(56)  コメント(22) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 56

コメント 22

みずき

カルガモ親子のニュースが登場する
季節になりましたね(^^♪
先日、近所のスーパーの植え込みが段ボールで
囲われてました。カルガモのひなが中にいるそうです。
ここ、去年カルガモのひなが排水口の
穴から中に落ちちゃって助けられなかった
ポイントなので、元気に巣立って欲しいです
by みずき (2024-05-24 23:34) 

夏炉冬扇

カルガモ、元気に育て。
センダンは木のものではないんですね。
いい日差しの朝です、こちら。
by 夏炉冬扇 (2024-05-25 06:56) 

mitu

巣立ち後 間もないと思われるカワセミ兄弟とカルガモ親子
どちらも微笑ましいですねぇ、可愛いなぁ^^
 植物の写真、目をとめたものが同じようだ!と、なんだか嬉しくなりました^^
by mitu (2024-05-25 07:09) 

kiyotan

紫陽花にも有毒な種類があるんですね
カルガモさんたちも気持ちがよさそう
by kiyotan (2024-05-25 09:26) 

Mitch

みずき さん
コメントありがとうございます
街中はヒナにとっては危険がいっぱいですね。
排水口以外にも、猫、カラス、時々蛇・・・、車などですね^^;
ここで取り上げた親子は、散歩の人々の間で人気者になっています。
それでも日を追ってヒナが少なくなってしまうことも・・・^^;
貴地のヒナも当地のヒナも皆元気に育ってほしいですね^^
by Mitch (2024-05-25 09:57) 

Mitch

夏炉冬扇 さん
コメントありがとうございます
カルガモ、今朝も元気に泳ぎ回っていました^^
センダンは、木の高いところに咲いている花を望遠レンズで撮りました。
当地は、曇り空で明けた朝でしたが、晴れあがってきました^^
by Mitch (2024-05-25 10:03) 

Mitch

mitu さん
コメントありがとうございます
カルガモのヒナやカワセミの幼鳥、見つけるとつい散歩の足が止まってしまいます。
弊ブログに載せる写真、新鮮なものだけにするよう努めています。
あっ、これ昨日見たよなどと、季節感を共有できればと考えています。
by Mitch (2024-05-25 10:09) 

Mitch

kiyotan さん
コメントありがとうございます
ほとんどのアジサイは有毒だそうで、葉などに青酸配糖体を含んでいて食べると
おう吐、失神、昏睡等の中毒症状を起こすそうです。
カルガモ親子を見ていると、なんだか楽しくしているように見えます^^
by Mitch (2024-05-25 10:14) 

queso

カワセミ幼鳥、あどけない風情ですが表情はキリリとしていますね。
自然界の現実は厳しいですが、逞しく育って欲しいものです。
カルガモの雛も可愛いですね~^^。
先程、自宅のベランダに雀幼鳥が親鳥と遊びに来ており、目を細めて
観察しておりました。
最近は紫陽花の種類も多彩で、近所を歩く度に足を止めて愛でて
おります♪週明けは、また雨となりそうですね・・・。
by queso (2024-05-25 15:49) 

Mitch

queso さん
コメントありがとうございます
カラスがムクドリの幼鳥を攻撃するところを、親鳥が必死に防ごうとしているのを
見たことがりますが、カワセミも油断できませんね。
天敵はカラスだけではないので、無事に生長してほしいです。
スズメの親子の来訪ですか、つい見とれてしまいますね^^
今朝はカワセミ親子の給餌シーンに出会いました^^
by Mitch (2024-05-25 17:07) 

えれあ

色々な鳥達の子供が出てきている様ですね。可愛いです。
私が行く沼にはカルガモは居ますが、雛は10年以上見ていません。
不思議です。

by えれあ (2024-05-25 17:52) 

Mitch

えれあ さん
コメントありがとうございます
今まさに鳥たちの繁殖シーズンですね^^
当地でも、公園の池でヒナが見られるのは1~2日で、その後
池から流れ出す川を下って分散してしまいます。
by Mitch (2024-05-25 18:03) 

Rchoose19

カワセミのお子さんは、なんかやっぱり可愛い♪
顔立ちとか、頭の形とかが親鳥とは違う感じですね!
タチアオイは、今頃のお花なのですか?
自分はもう少し夏に近い季節のお花なのかなぁと・・
いろんな形や色のお花があるものですねぇ♪
とても名前は覚えられませんが、
この子は、誰かに似ているなぁと思ったりしています♪
by Rchoose19 (2024-05-25 21:25) 

Mitch

Rchoose19 さん
コメントありがとうございます
カワセミの英名は"kingfisher"、狩りの名人(王様)です。
名前に負けない顔つきですね^^
タチアオイの花期はネットには6~8月となっています。
やはりちょっと早い開花ですね。
季節が早く回っているような・・・。
タチアオイ、柔らかい花弁とか花の大きさからちょっと
芙蓉に似てるかも^^;
by Mitch (2024-05-25 23:09) 

ぼんぼちぼちぼち

カルガモのヒナは、いつ見ても可愛いでやすなあ。
全員無事に、大きくなってほしいでやすね!
by ぼんぼちぼちぼち (2024-05-26 09:28) 

まっちゃん

MFにカワセミの幼鳥が来ないかと待っているんですが、きませんね〜
水が汚れてしまった上に得体の知れない魚を放していく人がいて、カワセミには適さない状態になってしまったのでしょう。
by まっちゃん (2024-05-26 15:37) 

Mitch

ぼんぼちぼちぼち さん
コメントありがとうございます
カルガモのヒナは、主に朝の散歩で出会います。
ヒナに出会うと可愛くてつい足を止めてしまいます。
by Mitch (2024-05-26 16:57) 

Mitch

まっちゃん さん
コメントありがとうございます
カワセミの狙う獲物は4~5センチ程度の魚や小エビかと思いますが、
ブルーギルだとかブラックバスだとかの外来魚の餌になってしまうの
かもしれませんね。
by Mitch (2024-05-26 17:02) 

mayu

小鳥も、幼鳥のころは、幼さを感じる顔をしていますね(^^)
by mayu (2024-05-26 20:55) 

Mitch

mayu さん
コメントありがとうございます
カモ類などのようにふ化直後から見ることができる雛たちはもちろん、
カワセミなどのように巣立ちが出ないとみることのできない幼鳥でも、
幼さというかあどけない表情を見ることができて、可愛いですね(^^♪
by Mitch (2024-05-27 07:32) 

sakamono

1枚目は、羽もほわほわしていて小柄で、子供っぽい感じがしますね。
かわいいです。カルガモの子供も。子供はみんなかわいいですね^^;。
オオバコの花って、こんなふうに咲くんですね。
初めて見たと思います。
by sakamono (2024-05-29 22:21) 

Mitch

sakamono さん
コメントありがとうございます
羽もほわほわしているのは、もしかしたら風の影響かもですが、
若君・・・可愛いですね^^
カルガモの親子(ヒナ)を見つけると、つい足が止まってしまいます。
オオバコの花、ユニークな咲き方なので何の花かなと、ずっと気に
なっていました。
by Mitch (2024-05-29 23:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。